JINRIKI(じんりき)トップページへJINRIKI(じんりき)とは商品一覧|JINRIKI(じんりき)取扱店|JINRIKI(じんりき)商品の購入|JINRIKI(じんりき)会社案内|JINRIKI(じんりき)

アーカイブ

JINRIKI(じんりき)JINRIKI(じんりき)
各種資料ダウンロード|JINRIKI

紙芝居|JINRIKI

紙芝居|JINRIKI QUICK

JINRIKI(じんりき)

 株式会社JINRIKI
 〒399-4601
 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪1536
 TEL : 050-5835-1002 (代表)
 FAX : 0265-98-8968 (代表)

11月5日(木曜日)に震災直後における自助、共助の促進、行政及び各防災機関の連携による災害対応能力の向上、防災啓発を目的に、国土交通省近畿地方整備局と合同で総合防災訓練を実施します。

訓練概要

実施日時

平成27年11月5日(木曜日) 午前9時30分から午前11時40分

実施場所

・堺泉北港堺2区基幹的広域防災拠点(堺市堺区匠町3番2)
・津波浸水地域に位置する小中学校11校

訓練内容

【堺泉北港堺2区基幹的広域防災拠点】
・基幹的広域防災拠点機能訓練
・道路啓開、航路啓開
・ライフライン復旧訓練
・防災機関による救出救護消火訓練
・緊急支援物資輸送(陸上・海上・航空)
※市民体験ブース
  ・ジャッキを使用したガレキ救出訓練
  ・車いすを使用した避難訓練
  ・陸上自衛隊の屋外浴場施設展示公開
  ・煙体験 など

【津波避難対象地域に位置する小中学校(11校)】
・各小中学校の避難計画に基づく津波避難訓練
  堺区 : 三宝・市・英彰・錦西・新湊小学校、月洲・大浜中学校
  西区 : 浜寺・浜寺石津・浜寺昭和・浜寺東小学校

20151027104812

 

~介護のための福祉用具 介護ロボット~

みて、ふれて、体験してみよう!

 

日時:平成27年11月17日(火) AM10:30~PM19:30

会場:岐阜産業会館  大展示場

    岐阜県岐阜市六条南2-11-1 (058-272-3921)

福祉用具介護ロボフェア

最新の福祉機器の展示や福祉用具に関する講演会など、福祉用具の力を学ぶ2日間です。
 皆さんのご参加をお待ちしております!

 ♢日 時 : 平成27年11月13日(金)、14日(土) 10:00~17:00
 ♢場 所 : 札幌市社会福祉総合センター

 

 

第13回ながの こども療育用具・福祉機器展

日 時 :平成 27 年 11 月 14 日(土) 10:30~ (1 時間程度の予定です)

(「こども療育用具・福祉機器展」の企画の1つとして開催します)

会 場 :キッセイ文化ホール 中ホール(旧松本文化会館) (松本市水汲 69-2)

対 象 :・子どものしょうがいに関わる支援者(保育・教育・医療・福祉など) ・保護者の方、その他関心のある方

講 師 :明田 繁(信濃医療福祉センター 作業療法士)

第 13 回こども療育用具・福祉機器展 

福祉用具の日 記念イベント

~あなたの生活が変わる 最新の福祉用具にふれてみよう~

日時:平成27年11月12日(木) AM 10:00 ~ PM 4:00

会場:いろり火の里(道の駅「庄内みかわ」)内 文化館なの花ホール

2015山形福祉機器展in庄内

10月24日(土) AM10:00~PM15:00

京都府京都市呉竹総合支援学校

晴天に恵まれ、秋空に響いたオープニングでの和太鼓

体育館では,日常生活用品・衛生用品・食事関連・コミュニケーション関連・

視覚聴覚補助関連等の展示や,保健福祉局等のブースが並びました。

ランチルームには福祉事業所のパンやドーナツ等の販売コーナー,軽食コーナーが設けられました。

図書室では5つのミニセミナーも開催されました。

 

 

2015年10月12日(月・祝)に松本中心市街地で開かれ、

信濃毎日新聞・市民タイムスに掲載されましたのでご覧くださいませ。

20151015信毎20151018市民タイムス

ユニバーサル散歩 松本らくらく

10月12日(月、祝)

 

 

障害がある人たちに安心して観光を楽しんでもらおうと、車いすで街なかを巡る体験会が松本市で開かれました!
12047138_152561138426101_8372106746171888055_n 12063589_155436111471937_7221438875673135094_n 12072642_155436184805263_5265482215444864971_n (1) 12074910_155436061471942_6877048236925586324_n (1)  12074960_154877534861128_7631092552900200129_n (1) 12074971_149469875401894_8868924456879519253_n 12106744_155436274805254_4573814361491606049_n 12108129_155436208138594_1383215963695938977_n (1) 12108140_155436128138602_8435258423107565482_n 12115506_155436094805272_5299095315797455984_n 12115613_155436158138599_3459452412328271668_n (1) 12122498_149469868735228_2427670537964134829_n 12122870_155436071471941_5830682560790827303_n 12140852_155436241471924_2961008153628987747_n

地球歴史と健康体力のジョイント講演会

開催日:10月24日(土)

時間:13時30分~15時30分

会場:三重県立熊野古道センター  交流棟 大ホール

入場無料

講演① 「南海トラフ大地震の巨大津波化石を追って」 

講師:岡村 眞氏 高知大学総合研究センター防災部門 特任教授 理学博士

講演② 「防災体力づくりへの求道」

講師:長尾 憲樹氏 兵庫大学 健康科学部 看護学科 教授 医学博士

ジョイン講演会 

5連休となったシルバーウィーク最終日、紅葉真っ盛りの大雪山系"旭岳(2290m)"の中腹にある「姿見の池」周辺を散策、そしていつの日にかのチャレンジのため、北海道最高峰の旭岳試登を車椅子1名+サポート3名の計4名という最小ユニットにて試みました。

当初はうまくすれば「登頂も可能では?」との期待もありましたが、爆裂火口南側の尾根上では急勾配のコースで岩石に車輪をとられるなどして思うように高度を稼げず、またローテーションの利かない最小ユニットでのチャレンジでもあり登頂は早々に断念、それまでの行程、時間経過、登山道の状況、メンバーの疲労の具合などから1852m地点(GPSによる計測)にて折り返しました。
登頂はかなわなかったものの、今後の活動において必要な視点、課題なども新たに見出すことができ、意義あるチャレンジとなりました。

行動中にすれ違ったり、追い越していく登山者やハイカーの方々にたくさんのご声援をいただいたほか、車椅子登山への強い関心を示してくださる方もいて、ささやかながら楽しく交流させていただきました。

こうして私たちの姿を見ていただくことを通じ、車椅子登山がアルパインクライミングや沢登りなどと同様の、登山スタイルの新たなバリエーションとして認知されることに期待をします。

旭岳で出会った皆さん、道を譲ってくださった皆さん、どうもありがとうございました。

11204483_762184883909841_8827275344295774495_n 12002081_762184700576526_79641540316139944_n 12027745_762184767243186_668339570725928523_n 12039212_762184923909837_3394182142539894510_n 12042830_762184797243183_8858640127205236629_n 12049490_762184950576501_2785621140426435931_n 12049590_762184860576510_4951091399750679497_n

ページ上部へ